収入証明が必要なのはどんなとき?

カードローンでお金を借りるとなると、やはり給与支払明細書などが必要になるのでしょうか?
実は収入を証明する書類というのは、借入額が一定の基準を超える場合のみ必要とされます。
限度額の低い専業主婦向けのカードローンであれば、収入証明書の提出は求められませんので心配無用です。
もちろん夫の収入証明書も不要で借りられます。
ちなみに仕事をしている主婦は総量規制対象となる消費者金融などの貸金業者も利用できますが、利用可能枠が大きな金額の場合には自分の収入証明書が必要になるケースもあります。

 

キャッシングの申込に収入証明書の提出が求めれられるのは、借入限度額がある程度大きい場合です。
大口融資の場合は当然それなりに高い返済能力が求めれられるため、給与明細や年収を証明する書類が必要になるのです。
一定額未満の小口融資なら収入証明書は不要で申し込めるカードローンがほとんどになっています。
銀行が提供している専業主婦向けのカードローンも同様で、本人確認書類の写し以外の必要書類は一切ありません。
つまり夫の給与明細書や源泉徴収票を準備する必要はないのです。
また夫に安定した収入があることが条件ではあるものの、同意書が提出も不要で利用できるので安心です。
原則として審査の対象となるのは申込をした本人であり夫ではないので、他社からの借入状況をはじめ夫の信用情報を調査されることもありません。
ただし夫がブラック入りしている状況においては、場合によっては審査に不利に影響したり審査回答までに余計な時間がかかることもあるので注意が必要です。
特に問題がなければ審査回答期間も短く、インターネットを使った申込方法なら最短で即日の融資も可能です。
ネット申込なら来店や電話の手間も省け、契約〜口座への振込融資までスムーズに手続きできるのが最大のポイントです。
郵送や自動契約機でカードを受け取った後は、いつでも最寄の金融機関やコンビニに設置された提携ATMでお金を借りることができます。
銀行カードローンなら金利も低めなので、主婦の方でも安心して利用できます。