専業主婦がお金を借りたいと思ったら?

専業主婦が借り入れ出来るのは、配偶者に安定した収入がある場合のみで、なおかつ銀行カードローンのみです。
そして、利用限度額が低く、借りることが出来ても30?50万円くらいです。
それは、貸金業法と総量規制という法律があるためです。
総量規制というのは、お金の借りすぎを防ぐために、金融機関へ行われた行政指導のことです。
そのため、消費者金融に専業主婦の方が申し込みに行かれても、審査は通りません。

レディースキャッシングなら審査が甘い?

レディースキャッシングとは、対応してくれる方が女性ということです。
だからといってどこの金融機関でも、審査基準が優しくなるということはありません。

専業主婦の借入の審査

審査通過するためのポイント
他社からの借り入れ金額、何社から借りているのか、延滞、自己破産、債務整理などしたことがあるのかなど、正直に正確に書類に記入し、
提出することです。
情報は、金融機関で共有されてるので、誤魔化しても調べればすぐにわかります。

 

審査されるのは、申し込みをされる専業主婦です。
申込時に世帯収入を入力します。
収入源は配偶者の毎月の給与で、そこから返済されるので、配偶者の信用でキャッシング出来るということです。

審査基準

各銀行の審査内容や基準は公開されていませんがある程度わかっています。
家は、賃貸より持ち家が良いのは言うまでもありませんが、持ち家の場合、ローンが完済してる方が良いです。
そして、居住年数も長い方がいいです。

 

申込時の情報を点数化(スコアリング)してある一定の点数以上の場合、審査に通過できます。
公開されていない基準は、どの状態に何点与えられ、審査に通過できるのが何点からかというポイントです。

信用情報

審査では個人信用情報をチェックしています。
個人の名前や生年月日、居住地の他に借入状況や過去の借入までが記載されています。
他社借入件数が多い場合や、借入額が多い場合は審査に影響します。
また、過去に延滞や金融事故がある場合は借入が難しくなります。

審査におちないためのポイント

事前準備

他社借入をできるだけ減らしましょう。
複数の借入のうち、一つでも完済できるならば完済し、他社借入件数を減らしてから申込をします。
他社借入件数が3社ある場合は借りられない銀行もあります。

申込

入力ミスに気をつけましょう。
連絡先がまちがっていると、審査結果の連絡を受け取れない場合があります。
また、連絡先以外でも単なる入力ミスであっても虚偽の申請になってしまい審査におちてしまうこともあります。

期間をあける

次の申込は必ず6ヶ月以上間をあけます。
審査で落ちてしまっていても、信用情報の照会履歴が残っています。
短期間に何度もカードローンの申込を行うと、その度に信用情報が照会された記録が残り何度も申込をしていてお金に困っている印象になります。

 

専業主婦へのオススメサイト

■専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
http://www.absalompress.com/

 

女性におすすめの専業主婦カードローンMrs.ではカードローン会社の金利や審査にかかる時間を一目でチェックすることができます。
大手金融機関から自身に条件に合うところを探しましょう。

 

■全銀協 - 全国銀行協会
http://www.zenginkyo.or.jp/

 

全国銀行協会では金融犯罪の手口がまとめられています。
どんな詐欺が広まっているのかチェックして、被害に合わないように気をつけましょう。